浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

自己分析の究極のやり方を説明するよ!新卒入社で失敗した人間から学ぼう

 

ブログ始めたばかりのずっきーです。

 

自己分析の重要性について記事を書こうと思います。

 

「自己分析には人生が掛かっている」

 

そのくらい重要なことです。

 

僕は22歳で新卒社員として社会に出ましたが、見事に失敗してしまいました。

 

その原因を後から確かめてみましたが、自己分析がしっかりと出来ていなかった事や自己分析を甘く見てしまっていた為ですね。

 

1度失敗した人間が言うことなので、しくじり先生みたいな感じで捉えて頂ければ幸いです…

 

僕はこれからの時代は、自己分析がもっと重要になってくると思っています。

  • 今の企業は、1人の人間に対して時間を掛けて育てられなくなったこと
  • 人生の選択の幅が昔よりも広がった。個人でも頑張り次第で稼ぐことが可能になった

 

大きくこの2つです。

 

 
 

 

「企業は一から育ててくれない」随分冷たい社会になったと思うかもしれませんが、仕方のない事なのです。

 

時代の流れというのは誰もどうにもで出来ない。

 

即戦力が圧倒的に強い時代。

 

「やる気さえあればいい」という考えも失われつつあるように感じます。

 

こんな時代の中で向いていない職業に付いてしまうと、僕のように間違いなく苦労してしまうでしょう。

 

なのでこれから社会に出る人達に伝えたい内容でもあります。

 

自己分析を徹底的にすること!

 

その為には、自己分析の本質を理解する事が大切です。

 

それから自分に合ったベストな道を探しましょう。

 

という事です。

 

上記で語ったように様々な道を選べることも現代のメリットだと思います。

 

自分に合った仕事を見つける事が出来れば、絶対いい人生になります!

 

その為には、間違いなく自己分析が必須になってきます。

 

僕も社会に出る前には自己分析を何度か行いましたが、それでも新卒入社に失敗をしたんですね。

 

それは何故か?

 

後で分かったことですが、

 

自己分析の本質を理解していなかったからです。

 

では自己分析の本質とは何でしょうか?

 

それは本当の自分の性質と本当に望んでいるものは何かを明らかにする事です。

 

これは両方理解する必要があります。

例えば自分の性質から適職を割り出せたとしても、自分が望んでいるものでなっかたら苦痛になるからです。

 

上辺の自己分析にならないように気を付ける!

 

上辺の自己分析はとても危険で、間違った方向に人生が進んで行ってしまうからです。

 

この自己分析の重要性を理解していない場合、どうしても上辺の自己分析になってしまいがちです。

 

僕は自己分析を上辺で行っていたので、社会に出て苦労してしまったのです。

 

「自分の事なんだから直ぐ分かるだろー」

 

と言う方もいるかもしれませんが、これって意外と難しいんですよ…

 

もし、自己分析が100%出来ていたらほとんどの人が人生に困らなくて済みますし、もっと多くの人が自分の仕事に満足していることでしょう。

 

現実は一部の人しか自分の仕事に満足していないのではないでしょうか?

 

自己分析には幼少期の頃を振り返るとよい!

 

幼少期の自分は、偽りのない自分だからです。

 

好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと、とてもハッキリしていますよね。

 

特に社会に出て何十年も働くとなると、幼少期の自分に適した職を探すのがいいと思います。

 

中学や高校での部活動は必ずしも自分に向いているものではないので注意です。

 

  • 学生時代の部活動などで、辞めれないからやっていた
  • 親などの影響で嫌なのにやらされていた

 

経験はありませんか?

 

そのような場合は得意ではなく仕方なくやっていたとなるので注意しましょう。

 

 
 

 

自分の話です。
 

僕は小学生から高校生までサッカーをやっていたんです。

別に好きでやっていたのではなくて、親の影響もあってやっていました。

中学も高校も本当はテニスをやりたかったのですが、テニス部がなくて泣く泣くサッカーやっていたんですよね。

でも何故か割と出来ていたので、高校まで続いていた。

サッカーってチームですから

コミュニケーションだったり

組織プレーが必要だったり

長い間サッカーをやっていたせいか、

このような要素を全て自分は得意だと思い込んでいたわけです。

僕は自分がコミニケーションが得意だと思っていたので、新卒入社では人と多く接する仕事をしたいと思いました。なので営業職に就きましたが、思った以上に向いて居なかった。

初対面の会話が苦手だったり、職場の人間関係も上手くいかずストレスがどんどん溜まっていきました。

結局2年で辞めてしまい現在は工場でパソコンをいじって働いでいますが、自分は今の仕事の方が淡々とできるのでやりやすいですし、人間関係で悩むこともなくなりました。

 

といった内容です。

 

以前の僕は、完全に上辺の自己分析をしていますね。

 

そもそも「サッカーをやっていた」「友達に恵まれていた」からと言ってコミュニケーションが得意には繋がりません。

 

たまたま、そのような環境があったてそうなっただけであって、自分から積極的に友達を作るようなタイプではなっかたので。

 

こんな経験をしたので、僕は自己分析という点ところでとても後悔しているのです。

 

自分の事を理解するのには、少なからず時間が掛かります。

 

でも時間をかけるべきです!

 

時間をかける=自分と本気で向き合う

 

となります。

 

自分の過去と今の自分の気持ちを一瞬一瞬、確かめると細かい性質まで分かる。

 

自分は

今こう思った。

今、建前でこう言ったけど本当はこんな気持ちだった。

など

 

何気ない日々の一瞬一瞬の気持ちを確かめると自分自身が、見えてきます。

 

僕が自分を再度自己分析を行った結果は、「どちらかというと社交的ではなく、1人で淡々と作業していた方が向いているしストレスがないので健康的に生活が出来る」

 

という結果になりました。

 

なので工場で淡々と働きながら余った時間で淡々とブログを書こうと思ったんです。

 

数年前にブレイクした林修のこんな言葉聞いた事ありませんか?

 

「勝てる場所で誰よりも努力すること」引用-Wikipedia

 

勝てる場所を探すにはまず自己分析が大切になりますよね。

 

自己分析が出来ていなければ、スタートラインに立つことすらできませんから。

 

人生上手く行かない時や行き詰まった時には、闇雲に進むのではなくて立ち止まって自己分析を再度行ってみましょう。

 

 

スポンサーリンク