Wonder report

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

東京タクシードライバーの平均年収を解説!都内で働くなら日本交通グループがおすすめ!

f:id:k77naru:20200121223945j:plain

 

人手不足などの影響でタクシードライバーの求人が増えてきています。都内でタクシードライバーの転職を考えている人の中には、年収や給料形態を気にしている人も多いでしょう。

 

この記事では、都内のタクシードライバーの平均年収や歩合給などの給料形態について説明していきます。また、都内を中心にタクシードライバーの募集を行っている日本交通グループの紹介もしていきます。

 

 
 

東京都内のタクシードライバーの平均年収

平成28年度に東京ハイヤータクシー協会が発表した都内のタクシードライバーの平均年収は443万円という結果でした。

 

都内に勤務するサラリーマンの平均年収が600万円台となっていますので、タクシードライバーの年収は決して高いとはいえません。

 

しかし、全国のタクシードライバーの平均年収は、300万円前後といわれていますので、都内で働いたほうが大幅に年収がアップします。

 

また、2020年現在では、全国のサラリーマンの平均年収が400万程度になっています。

 

そのため、都内でタクシードライバーとして働けば、サラリーマンの平均年収よりも稼ぐことができます。

都内勤務のサラリーマンの平均年収は600万円台と高くなっていますが、ある程度の勤続年数やスキルが必要になるケースが多いです。

 

しかし、タクシードライバーの場合は、普通自動車免許さえ取得していれば特別なスキルや資格がなくても働くことができます。

 

さらには、都内勤務の場合、未経験から働いても頑張り次第で1年目から年収400万円以上を稼ぐことも十分可能となっています。

 

このように、特別なスキルが必要なく、未経験からでも働くことができる仕事の中では、都内勤務のタクシードライバーの平均年収は高いといえるでしょう。

 

タクシードライバーの給料形態

f:id:k77naru:20200121223252j:plain

 

タクシードライバーの給料形態は各会社によって異なります。ここからは、タクシードライバーの主な給料形態について解説していきます。

 

#固定給+歩合給+賞与の場合

 固定給というのは、仕事の成果などは関係なしに毎月必ず支払われる給料のことです。

 

たとえば、固定給が10万円だった場合は、仕事のノルマを達成していなくても、必ず毎月10万円が支給されます。

 

歩合給というのは、個人の売上げや仕事の成果に応じて算出した給料のことです。

 

タクシードライバーの仕事では、この歩合給を導入しているケースが多い傾向です。

賞与とは、企業が定期給与とは別に従業員に対して支給する金銭のことをいいますが、一般的にボーナスという呼ばれ方をしています。

 

固定給と歩合給は毎月支払われる給料で、賞与に関しては夏と冬の年2回で支給されることが多いですが、企業によっては年に1回あるいは3回支給されることもあります。

 

これらの固定給、歩合給、賞与を足した金額が年収となります。

 

#完全歩合給制の場合

完全歩合給制とは、毎月の売上げ金額の一部が給与として支払われるという給料形態です。

 

タクシー運転手の給料形態は、この完全歩合給制を導入している企業が多くあります。

 

歩合給の計算方法は、毎月の売上げにそれぞれの企業で定められた歩合率をかけて算出します。

 

 

#歩合給+賞与の場合

歩合給+賞与とは、毎月の歩合給を全て還元するのではなく、一部を貯蓄として積み立てすることができ、賞与として年3回に分けて支給するという形態です。

 

たとえば、勤めているタクシー会社の歩合率が60%だった場合は、50%を月々の給料にして、残り10%を4カ月間積み立てをして年に3回まとめ受け取ることができます。

 

本来支払われるはずの歩合給を賞与まで残しておけるため、貯金ができないという人に向いている給料形態といえるでしょう。

 

タクシードライバーは休みが多い

タクシー会社によっても異なりますが、タクシードライバーの多くは、1日出勤して1日休むという働き方(隔日勤務)をします。

 

そのため、週5日で出勤する通常のサラリーマンよりも休みを多く取ることが可能です。

 

月の半分以上が休日になるため、プライベートを充実させたいという人に向いている仕事といえるでしょう。

 

その代わり、1日の業務時間が長くなり、たとえば、朝6時に出勤したらその日の夜中まで働くことになります。

 

隔日勤務の場合は、基本的に休憩時間を入れて、1日19時間~最大21時間働くことになります。

 

勤務時間はとても長いですが、隔日勤務の場合は、最低でも3時間は休憩を取るように決められているため、途中で仮眠をしながら働くことも可能です。

 

都内でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループ

主に都内や関西地方でタクシー事業を展開している日本交通グループは、業界売上げナンバーワンの実績を誇っています。

 

日本交通グループでは、都内や神奈川県を中心にタクシードライバーを募集しています。

 

日本交通グループの平均年収は460万円程度になっているため、タクシードライバーに転職してしっかり稼ぎたいという人に向いている会社です。

 

また、入社して1年目の12カ月間は毎月30万円の給料保証があるので、未経験の人でも安心して働くことができるでしょう。

 

その他にも、日本交通グループでは、家族寮や女性寮の完備、免許取得支援制度、研修中の給与制度など、さまざまな社員サポートが充実しています。

 

 

スポンサーリンク