浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

自己分析のやり方は『弱虫ペダル・小野田坂道』が参考になるぞ!

 

こんにちは。

ずっきーです。

 

今回は自己分析についての記事を書きたいと思います。

 

ぼくは学生時代に「自己分析なんて知らねーよっ」って感じで適当に過ごしていた人間なので、実際に社会に出てからとても苦労しました。

 

きっとぼくと同じように自己分析を甘く見ている適当な学生さんたちも多いことでしょう。

 

奇跡的にこの記事に辿り着いた学生さんたちには、特別に「弱虫ペダル」を今すぐ見て就職先決めろ。というアドバイスを贈りたいと思います。

 

大ヒットアニメなので知ってる人も多いでしょうけど…

2014年~2015年ぐらいに流行った、ロードバイクのアニメです。

 

個人的に自己分析にはアニメ「弱虫ペダル」の小野田坂道を参考にするのがいいと思っています。

 

理由は、「素」の性格でやらないと無意味なものになるからです。

 

特に大学生くらいの年齢の人は自分を大きく見せたい年頃でしょう。

 

どーーだー。オレすげーんだぜー。へっへっへ  

 

みたいな感じには、ならないのか…?今の大学生はみんな賢いので、余分なアピール、余分な自慢とか、しなさそう…。

 

 
 

 

人見知りなのに早く就職先を決めたいからといって、「はいっコミュニケーションは得意です!!」とかその場しのぎで言っちゃダメです。

 

ムリして営業職とかになってもあとでしんどくなるだけなので、地味な職業でも自分の性格に合ったものを選びましょう。

 

この、「弱虫ペダル」の小野田坂道はロードバイクなんて一切興味がなかったけど、自分の性格に合っていたので才能を開花されることに成功した物語中の主人公です。

 

小野田坂道のように、「素」の性格が当て嵌まるれば誰でも天才になれますが、実際にはそう簡単に見つかるものじゃありません。

 

ただ、近づけることはできると思うので、所詮アニメとかつまらなこと言わずに参考にしてみるのがいいと思います。

 

小野田坂道はこんな人間!

 

小野田坂道の特徴

天賦の才を持つクライマー。愛車は小学生時代から乗っているメーカー不明の一般的なママチャリと、寒咲自転車店からの借り物でフレーム素材クロモリを使用したメーカー不明のロードレーサー。BMC眼鏡がトレードマークの二次元オタク。気が小さく、他人と話すことが苦手で、特に必要以上に元気のある体育会系の人間を苦手とし、当初はスポーツの部活には絶対に入らないと決めていた。好きなものに対しては非常に一途で、アニメや漫画の話になると一方的にまくし立てると言った母親似の面もある。

引用-Wikipedia

 

電車賃を余らせてオタクグッズを買うため、片道45キロ離れた秋葉原の小学校に重量型のママチャリで通うといったいわゆるオタクの極み。

 

自宅の前には激坂があります。

 

ロードバイクに出会い才能を開花させ、後々天才クライマーになっていく少年。

 

 

短所

  • 人と話すのが極端に苦手
  • なよなよした性格
  • 苦手なものを克服しようとしない
  • 超陰キャラ
  • 体育会系のノリが大っ嫌いで、運動は絶対やらないと拒絶する
  • 自分の興味の無い事には関わらないが、自分の好きな事になると一方的に話をする

社会生活を送るうえではデメリットになる要素がとても多い!(´Д`)

 

長所

  • 純粋で真っ直ぐな性格
  • 一つのことに没頭する力
  • 常に自然体
  • 自分から馴染めないが、献身的
  • 邪気がない 

ダメなところが多い一方、良いところもあるんですね!(´▽`*)

 

 
 

 

短所が多い人間こそ自然体で力を発揮できるものへ

何か上手くいかないことがあった場合、それは自分に向いていないことなのかもしれません。

 

苦手なものや嫌なものは生まれつきの性格が影響している可能性が高いので、どう頑張っても克服できない、あるいは克服までに莫大な時間がかかってしまうことでしょう。

 

苦手なものや嫌なものを頑張って得意にしたり好きにしたりするのはとても真面目で良いことですが、時間は有限です。

 

短所を克服したときにはヨボヨボのおじーさんになってしまっているかもしれません。

 

苦手なものや嫌なことは潔く諦めて、得意なこと向いていることに挑戦した方が効率の良い人生が送れるはずです。

 

得意なことを見つけるには自己分析が重要になりますので、アニメのキャラクターを参考にしてみるのも面白いですね。個人的には小野田坂道が分かりやすかったです!

 

この記事見て興味が湧いたら見てみて!

 

  配信: Amazonプライム・ビデオ   U-NEXT

      Hulu    dTV

 

 

スポンサーリンク