浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

「忍者アドマックス」単価は低いがアドセンス取得までの代理で使う

 

ブログを初めて15記事目になります。ブログ(アフィリエイト)の仕組みや、マイブログの体裁もある程度は整って来ました。

 

そして、先日グーグルアドセンスにも合格して、「はじめの一歩、頑張れた!」という気持ちです。

 

「ブログは最初が大変!」という情報がたくさんあったので、とてもとても不安でした。

 

ここまで頑張れたのは、忍者アドマックス」を代理で使ったからです。

 

に、忍者アドマックス!? なんじゃそれ?

 

「忍者アドマックス」とは、無料で誰でも登録することができて、審査なしでも収益に繫がる広告をゲットできるASPサイトです。

 

 ただ、その代わり1クリックあたりの収益はとても低くなっています。

 

1クリックあたり2円、3円、ってところです。

 

下記は1カ月目の忍者アドマックスの収益です。

f:id:k77naru:20190824214032j:plain

 

※表示回数1441は、ほとんど自分のチェックです。 

 

わーい全部で3クリック!10円稼げましたー(´▽`*)

 

これは喜んでいいものか…

 

???

 

グーグルアドセンスというASP広告は、1クリックあたり20円~30円と高い報酬がつきますが、審査があるんですよね。

 

 
 

 

しかも、審査は年々厳しくなっているみたいです。このグーグルアドセンスに合格する前に、ブログを辞めてしまう人が結構多いらしいので、なんとしてもここまでは頑張りたいですよね。

 

忍者アドマックスはアドセンスまでのモチベーションの維持に繋がるので、代理に使うのがおすすめです。

 

忍者アドマックスの登録には、忍者ツールズアカウントで登録に入って新規登録を行います。

f:id:k77naru:20190824214057j:plain

 

登録が終わったらダッシュボードから、広告枠の追加をクリックしてブログに貼る広告を製作します。

f:id:k77naru:20190824214114j:plain

 

次に①~⑥に必要事項を入力します。

①広告名→自分の好きな名前を入れましょう(例 ずっきー1)。

②広告サイズ→PC向けの広告(推奨サイズが一般的)を選びます。

③自分のサイトタイトルを入力します。

④自分のサイトURLを入力します。

⑤自分のサイトジャンルを入力します。

⑥サイト説明→(任意ではなさそうなので入れなくても発行されます)。

f:id:k77naru:20190824214138j:plain

 

タグをコピーします。

f:id:k77naru:20190824214211j:plain

 

自分の記事のHTMLに貼り付けます。

f:id:k77naru:20190824214231p:plain

 

これだけの作業でOKです。

意外と簡単ですね。

後は確認しましょう。

 

下記の写真を見れば分かる通り、アドセンスの広告と似たような仕様になってますね。単価が「高いか、低いか」の違いなので、広告を貼るという作業は同じです。

 

勝手に旬の広告に画像が切り替わります。忍者アドマックスは「coconala」、アドセンスは「お名前.com」が表示されています。

f:id:k77naru:20190824214251p:plain

 

 

それと、初めたばかりの頃は自分のブログに来てくれる人はなかなか居ません。

 

ツイッターなどがあればよいですが、ない人は将来的に続けるかは別として、「人気ブログランキング」「ブログ村」に登録して人目につく場所にブログを置くことですね。

 

「人気ブログランキング」や「ブログ村」も登録は無料で簡単にできます。ホームページの新規登録から行えます。 

f:id:k77naru:20190824214312p:plain

 

もしも、誰かのクリックがあれば、忍者アドマックスのレポートに表示されます。

f:id:k77naru:20190824214335j:plain

 

 

忍者アドマックスで獲得した収入はたったの10円だったけど、自分的には、10円のおかげでモチベーションを保つことができました。

 

一から仕組みを作って対価を得た経験がないので、とても勉強になったと思っています。

 

 

他人からすれば、「たったの10円かよっ!」「10円じゃ何もできないよっ!」笑われるかもしれませんが、自画自賛しましょう。

 

アドセンスまでのモチベーション維持に忍者アドマックスを使う手段もあるので、よかったら試してみてください。

 

ではでは。

 

 

スポンサーリンク