浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

メルカリ業績悪化?スマホ決済「メルペイ」の戦略失敗か!?19年6月期137億円の赤字

f:id:k77naru:20190824183703p:plain

 出典:BD

 

メルカリが7月25日、2019年6月期の業績予想を発表しました。

 

どうやら、前期よりも赤字らしく、詳しく調べてみたのでご報告しましす!

 

 
 

 

純損益は137億円になると予想

メルカリが出した業績予想によると、2019年6月期の純損益は137億6400万円の赤字になると予想しています。今期は前期の70億4100万円の赤字から大幅に膨れ上がる結果になるのでしょうか。

 

本業の売買による損益も121億4900万円の赤字となっており、前期の実績である44億2200万円の赤字から大幅に膨れ上がっているとのことです。

 

しかし、売上高を見ると516億8300万円になっており、前期の357億6500万円から大幅な黒字となっています。国内での利用者は順調に増加傾向にあり、メルカリの成長が見られる結果となっています。

 

メルペイによる大胆な戦略が原因か!?

メルカリは2019年からメルペイによるスマホ決済サービスを開始しました。メルペイの利用者も国内では徐々に多くなってきており、順調な拡大を見せていますが、どうやらユーザーの獲得のための戦略が大幅な赤字の原因となっているそうです。

 

 
 

 

メルカリはメルペイのユーザーの獲得のためにゴールデンウィーク中の支払額の70%~50%をポイント還元する大胆な戦略を実施しています。「PayPay」や「LINE Pay」もキャンペーンを発表するなど、令和に入り国内でもキャッシュレス化が拡大しています。その背景には、東京オリンピックがあり、決済方法を海外の先進国に合わせる国内での動きが強まっています。今後キャッシュレス化に伴い、国内でも利用者が増えて行けばキャンペーンによる大幅な赤字も戦略的な投資になると言えるでしょう。

 

ネット上の声

  • レジに並んでからアプリを起動するのでは迷惑になるので、店に入る前に起動しなくちゃいけないから正直めんどくさいです。QRコード決済は、よほどメリットがない限り使うことはないでしょう。
  • 「PayPay」や「LINE Pay」のほうが莫大な赤字を抱えているはずなので、スマホ決済のキャンペーンを行っている会社はまだ数年赤字が続くでしょう。新規ユーザーを獲得するためだけでなく、加盟店舗を増やすための戦略でもあるため、これは体力勝負ですね。
  • そもそもスマホをかざすだけで決済ができるシステムであるはずなのに、スマホを起動→アプリを起動→店員に読み取ってもらうという行為は下手をすれば現金決済よりも手間がかかり、効率が悪いのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク