浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

読書にはメリットが沢山ある。23歳まで本を読まなかった人間が語っちゃうよ

 

僕(ずっきー)は産まれてから23歳まで本を全く読まなかった人間です。

 

ある事をキッカケで本を読み出したお話になります。

 

それは借金を抱えてしまったからです。

 

借金をしてしまう理由は人それぞれですが、何かしらの欠如があってしてまう人が多いと思います。

 

僕の場合は完全に「無知」が原因だったので、本を読んだことによって少しは賢くなれたのではないかと自分では思っています…

  

本を読むことで得られるもの

  • 自分の取れる行動の手段が増える
  • スムーズに人生が進むようになる
  • 本来しなくても良い失敗が減
  • 想像力が身に付くので、前もった行動が出来る
  • 様々な角度から物事が見れるようになるので、精神的にラクになる

こういう能力が身に付きます。

 

具体的な説明がないとなんのこっちゃ?

 

という人がいると思うので、これらを分かりやすく説明していきたいと思います。

 

 
 

 

知識があると、スムーズに人生が進む

f:id:k77naru:20190824204108j:plain

 

本を読むことが嫌いな人はきっとゲームは好きなんじゃないかと思います。

 

  • モンハン
  • ドラクエ
  • ポケモン

 

みんなクリアする為に必死になってレベルを上げたり、強い武器を手に入れたり、相手の弱点を探したり。

 

自分の人生に例えると知識はこういった役割を果たします。

 

ポケモンを知らない人には申し訳ないですが、ポケモンを例にしたいと思います。

 

リザードンを倒すとステージクリアです。

 

  • みずタイプのわざ
  • 岩タイプのわざ
  • くさタイプのわざ

 

どれも威力同じです。

さぁどれで攻撃しますか?

 

  • 知識のある人は岩タイプのわざを使うでしょう。
  • 中途半端な人はみずタイプのわざを使うでしょう。
  • 盆暗の人はくさタイプのわざを使うでしょう。

 

こんな感じで、スムーズにリザードンを倒すにはいわタイプのわざを使うのが1番効果的です。

 

何故いわタイプのわざなのか?

 

知識がないと分かりませんよね。

 

知識があるとそれだけ有利になります。

 

本来しなくても良い失敗が減る

これは僕の体験談です。

 

仕事内容の確認で、いつも電話で確認の依頼をしている相手がいました。

 

その日は、ちょうどメールボックスを開いていたのでメールで確認のお願いを伝えました。

 

別に電話でもメールでもどちらでも良いと言われていたからそうしたんだけど、相手は僕がいつも電話をしてくるのでそのつもりでいたらしく、メールを見ていませんでした。

 

そのまま時間ギリギリになってしまったので自分から電話したから良かったのですが、その日中にやらないといけない内容だったのでバタバタしてしまいました。

 

この出来事の半年後ぐらいに読んだ本にこのような内容があった。

 

出来るだけ関わり方を一定にする事は相手に対しての配慮」

 

これを持っと早く読んでいれば、めんどくさい事にならずにすんだのに...

 

僕が本を読んで、その事を覚えていたら電話で確認をしていた筈なのです。

 

本を読んでいれば、こういったアクシデントを最初から回避出来きますね。

 

 
 

 

想像力(イメージ)が身に付くので、前もった行動が出来る

変化のスピードが速すぎる現代。

 

それでも僕たちはそのスピードに着いて行かなければならない時がありますよね。

 

そして社会に出て働いているのなら、そこで成果を出さなければいけないですよね。

 

そんな時に想像力があれば、先回りが出来きてスムーズにことを進ませられます。

 

あの有名なルパン三世みたいな感じです。

 

ルパン三世って何が凄いかって。

 

結局、先回りが上手い!

 

「次にこうなって、次はこうなるから、自分はこうやって動く」

 

想像力がないとできませんよね。

 

想像力は仕事だけではなくて日常のありとあらゆる状況でも使えます。

 

この想像する力は男性よりも女性の方が優れているそうですが…

よく女の感は鋭い。といいますが想像力が影響しているそうです。

 

男性のみなさん、鈍チンになっていませんか?

 

本は文字しか書かれていないので、強制的にその場面を想像させてくれる力がありますよ。

 

あの子はどんな感じなんだろうなぁ~?

 

さあ、本を読んでルパン三世になろう!

 

 

f:id:k77naru:20190824204129j:plain

 

他人の角度から物事が見れるので、精神的に楽になる

本を読んでいないと、「自分の持っている思考の範囲内」でしか物事を考えられません。

 

例えば自分に子供がいたとします。

 

自分の子供はあまり社交的ではなく、友達が少ないので親としてはとても心配になってしまいました。

 

自分が幼少期の頃、「友達は沢山作りましょう」と教わってきたので子供にも積極的に友達を作るように言ったら子供が泣いてしまった。

 

その後、子供との関係が上手くいかなくなってしまった…

 

という出来事があったとします。

 

このような時に本を読むことで、他の人の考え方を参考にすることが出来ます。

 

本の作者の子供も同じように社交的ではなかったが、無理に友達を作らせることを辞め、1人で出来る遊びをそのままやらせたら「のちのち有名な漫画家」になった。

 

という体験をした作者の本を読んでいたら、子供に対する対応の仕方も変わってくるだろうし、心配するどころか「別の才能があるのでは?」という考え方にもなります。

 

本を読むことで他の人の視点からも物事を見れるようになるので、精神面という部分でもとても楽でいられます。

 

 
 

 

初めに読んで気付いたこと

f:id:k77naru:20190824204146j:plain

 

僕は人生の中で本をまともに読んだ経験がなかったので、1番最初に読もうとした本では文字の多さとページの多さ(200ページくらい)に正直ビビッていました。

 

買ったはいいけど読めるのか……と

 

でも実際に読んでみると意外に自分が読めることに気付きました。

 

現代を生きている人なら毎日のように見ているであろう。

インターネットで何かを調べて情報を得る。ラインで流れて来た誰かの長ったらしい文を見る。

こんな感じに近いですかね。

 

そんな感じだったので意外と直ぐに読み終わりました。

 

「知らない間に文字を読む力も付いているんだな」と実感しました

 

多分ですが、小学校の時に経験した読書感想文のイメージが未だに残っていたので、いつまでも本を読む事に抵抗があったのだと思います。

 

大人になってから読むのとはまた違っていたというのが僕の気付きでした。

 

本が嫌いな人に向けて

僕と同じように本に全く興味もなく、正直嫌いだという人は悩みがある時なんかに自己啓発本を読むと良いと思います。

 

僕もそうだったのですが、悩みがある時って「どうにかしよう」という気持ちがあるので自然と真剣に読むことが出来るからです。

 

 

最初にオススメする本のジャンルは自己啓発本です。

何故自己啓発本をオススメするかというと、下記の内容を見てもらうと分かる通り初心者が読みやすい仕様になっているからです。

  • 著者の伝えたい内容が直球になっている
  • 目次があるので、読みたい箇所だけ読める
  • 想像力がなくても読める
  • 難しい表現がない(比喩表現など)

 

最初にオススメしないのが小説です。

本と言ったら小説かもしれませんが、下記の内容など高確率で嫌になってしまう要素があるからです。

  • ストーリーを常に想像する
  • 著者が何を伝えたいのか自分で探す
  • 飛ばし読みが出来ない

 

 小説の良い部分なんですけどね。

 

想像力という部分は圧倒的に小説の方が付くと思いますので、最初は自己啓発本など読みやすい本からにして、慣れてきてからが良いと思います。

 

 

まとめ

僕は22歳で社会に出ましたが、当時の自分を振り返ってみると本当に大変でした。

 

1週間に1回は困っていた記憶があります。

 

1人暮らしで右も左も分からず…

 

プライベートではクレジットカードを何枚も作ってしまい、借金を抱えるなど散々な目に合いました。

 

困っていた事のほとんどは本を読んでいたら解決出来たことです。

 

自分に足りないものを補う簡単な方法は、他人の力を借りるです。

 

よく自己流がカッコイイと思っている人がいると思いますが、果てしない遠回りになります。

 

人生をよりよくする為に他人の力を借りてみましょう。

 

 

スポンサーリンク