浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

「帰ってきたヒトラー」の考察!面白&怖いコメディです。

f:id:k77naru:20190824185814j:plain

 

U‐NEXTのトップに、「帰ってきたヒトラー」という映画がありまして、星4.5も付いてたからなんとなく観てみたけど、結構面白かったよ。

 

現代社会にヒトラーが現れたらどうなるのか?という想像映画です。色々勉強になるし、色々と考えずにはいられない映画だと思います。

 

ヒトラー怖すぎ(´Д`)

 

狂気で残虐な人格、一方で人を惹きつける力、政治家としてカリスマ性を持つヒトラー。恐ろしい事態がよく分かりました。

 

映画の評価は少し辛口で、ズバリ「星4」ということにしました。

 

DVD / 配信サイト

配信: Amazonプライム・ビデオ

    U-NEXT

    dTVチャンネル

スポンサーリンク

 

あらすじ

 帰ってきたヒトラー

2016年

監督:デビット・ベント

 

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?
「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」
リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。
自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、大衆の心を掴み始める。
しかし、皆気づいていなかった。
彼がタイムスリップしてきた「ホンモノ」で、70年前と全く変わっていないことを。
そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもいない環境であることを。

引用-ピクシブ百科事典

 

おすすめPOINT

  • 想像が面白い!
  • ヒトラーがなぜ恐ろしいのか分かる
  • ヒトラーが支持されていた理由が分かる
  • 最初はコメディだが、徐々にリアルになっていくところ

感想

ぼくはヒトラーについて真剣に考えたことはありませんでした。

    

ヒトラーといえば、

・ユダヤ人大量虐殺 

・独裁者

・狂った人

 

こんなイメージしかなかった…

 

この映画で実態を観たら、「ぎょえぇぇぇぇぇぇぇー」。人間の弱みに漬け込む天才だ。ヒトラーが好きだという奴も中にはいるが、よほどマニアックなのでしょうね。

 

確かに、国民の意見を真剣に聴いているヒトラーはとても魅力的だ。まさに政治家の鏡で、とても悪い人には見えない。ヒトラーを365日密着してないと自体が掴めないのが恐ろしい。

 

実態は、攻撃→攻撃→攻撃→攻撃→攻撃→攻撃→破壊→終わり。根本的にはこういう人間なので、もはや詐欺である。ドイツ国民も大変だったことでしょう。

 

ヒトラーの名言集からも詐欺っぷりが分かります。

 

  • 政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ。
  • 弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である。
  • 嘘を大声で充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる。
  • 大衆は考えることをしない、こんな楽な政治はないのだ。

 

庶民をバカにすんじゃねぇ。

 

気をつけておきたいことは、現代でもこういった人の心理や欠点を上手く利用してくる人がたくさんいるということだ。

 

人間は魅力的に感じてしまうと、自分の頭で考えられなくなってしまいます。自分の頭で考えられなくなると、どうなるのか?

 

洗脳されてカモられてしまいます。

  

洗脳・詐欺・カモられたくない人はこの映画を観るといいかもです!

おわり