浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

借金で遊べない…誰にも知られずに任意整理で遊ぶお金を作る!

f:id:k77naru:20191224214404p:plain

 

借金を抱えてしまうと、満足に遊べなくなります。

この記事を見てくれている人は、借金が原因で「友達と遊べない」「好きなものが買えなくなった」「飲み会すら行けない」という悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

 

この記事を書いている管理人も、かつて消費者金融やクレジットカードで多額の借金を抱えてしまい、好きなことに使えるお金がほとんど残らない状態でした。

 

しかし、返済に追われるだけの生活を続けていてもつまらないので、思い切って任意整理をしたら月々決まった金額を返済しながらも遊ぶお金を確保することができたのです。

 

借金あるから遊べないと悩んでいる人は、諦める前に任意整理という手段を考えましたか?

 

任意整理は、「会社や身内にバレずにできる」「契約手数料を後払いにできる」「請求をストップさせて落ち着いてから返済できる」「利息をカットして元本のみの返済にできる」などなど、借金で苦しんでいる人にとってまさに救済の女神となるのです。

 

この記事では、ギャンブルで多額の借金を抱え、返済のためだけに生きていた管理人が任意整理のおかげで毎月自由に使えるお金を確保できた実体験や、同じように悩んでいた人の実話体験談、任意整理のメリット・デメリットなど詳しい情報を紹介していきます。

 

借金が原因で「遊べない…人生楽しくない…」という人はぜひ読んでみてください。

 

 
 

 

20代でギャンブルに嵌り、300万の借金を抱えて全く遊べなくなった私が任意整理を知った話

f:id:k77naru:20191202204943j:plain

 

このサイトを運営している管理人は、かつて手取り18万円の中、クレジットカードや消費者金融などから300万円の借金を抱え、返済だけで精一杯の生活を送っていました。

 

当時24歳だった私は、多額の借金を返済する知識がありません。基本的に楽天的な性格の私ですが、このときはさすがにマズいと焦りましたね。

 

借金の原因はお恥かしい話ですがパチンコやブランド品などの買い物です。

 

300万円の借金では、利息だけでも月々4万円以上の支払いだったので、自由に使えるお金などなく、全く遊べない状態でした。

 

自由に使うお金どころか生活費を差し引くと、返済額も足りないという月もありました。

 

そんな中でも、延滞を繰り返しながらなんとか借金を返済していましたが、ある日、どうしても生活費が足りなくなり、実家に帰り親に泣きつくようにお金を貸してくれと頼みに行きました。しかし、過去に何度もお金を借りていたため、借金をしていることがバレてしまったのです。

 

クレジットカードや消費者金融の利息についての甘い考えにいついて、やはり怒られましたが、「なんでもっと早く相談しなかったんだ」と言われたことにほっとしたのを覚えています。

 

任意整理という手段があることを知ったのは、このとき親が教えてくれたのがきっかけです。

 

任意整理とは、債務整理の中の1つの手段であり、その他には個人再生、自己破産があります。

 

▼債務整理の種類

f:id:k77naru:20200104150239p:plain

 

個人再生や自己破産では、借金の元本を大幅に減らすことができますが、手続きをするのに保証人が必要だったり、財産がある場合は没収されたりしてしまいます。そのため、一般的に借金の元本を返済していける人は任意整理を行います。

 

自分でも簡単にできる任意整理に驚いた

f:id:k77naru:20191202205003j:plain

 

親には借金の肩代わりはしないと言われました。しかし、任意整理を契約するお金だけは出してくれたため、合計5社の借入れで300万円、月々4万円以上あった利息の支払いがなくなり、元本だけの支払にすることができました。

 

実際に住んでいる地域の弁護士事務所に電話をし、必要書類を用意して事務所に出向き、弁護士の人と対談をして契約をしたのですが、「任意整理と聞くと難しく感じるけど、以外と簡単にできるもんなんだな」とそのとき感じました。

 

任意整理をするには、弁護士に依頼するための費用がかかりますが、1つの借入れ先に対して大体4万円~5万円程です。

 

たとえば、私の場合は5社の借入れがあったので16万円~20万円ほどになります。

 

この弁護士に支払う費用は、私の場合は親が一括で支払ってくれましたが、分割で後払いもできるので、手元にお金がなく窮地に立たされている人でも任意整理をすることができます。

 

具体的な契約内容は、合計5社の借入れ300万円を60回払い、月々約4万3000円の返済にすることができました。

 

これなら手取り18万円の私でも自由に使えるお金が少しできると、地獄のような生活から解放された気持ちでした。

 

 

 同じようにクレジットカードや消費者金融から借金をした人の実話

f:id:k77naru:20200104185030p:plain
やすさん 38歳:サラリーマン男性

 

私は32歳のときにクレジットカードと消費者金融3社から総額250万円の借金を抱えていました。仕事はしていましたが、転職したばかりで給料は手取り16万円。

 

生活を切り詰めて毎月4万円ほど返済していましたが、250万円の借金だと利息だけでも毎月3万円以上かかってしまうため、元本は1万円も減っていない状態でした。

 

このままのペースでは、返済を終えるまでにあと何十年もかかります。

 

浪費などによる借金もありましたが、以前勤めていた会社で精神状態が悪くなり、退職して数年間無職だった頃に生活費として借入れをしていた時期があります。

 

お金の使い方は荒いほうだったので、元々借金をしていたのです。そこから無職になり、利用枠限界まで使ってしまい、借金地獄に陥ってしまったのです。

 

さすがにマズいと感じ、仕事を一所懸命働きましたが、自分の好きなものすら買えない、休日はお金がないのでずっと家に引きこもっている状態でした。もっと早く働けばよかったと後悔しています。

 

ただ利息の支払いのために働いているような感じだったので、生きている心地が全くしませんでしたね。お金に余裕があった頃は、寝つきがよかったのですが、借金を抱えてからは考え込んでしまってなかなか眠れませんでした。

 

精神状態も再び不安定になりはじめたため、精神科に通ってカウンセリングを受けはじめたとき、担当の先生が任意整理を紹介してくれました。

 

そのときは仕事をしていたので、“会社にバレないか” ということが一番心配になったのを覚えています。

 

 
 

 

しかし、無料相談を行ったときに弁護士から、「普通の企業が個人信用情報を紹介することはできないため、基本的に知られることはない」と言われたのでとても安心しました。

 

任意整理をすると過払い金請求も一緒にできるとのことでしたが、私の場合は2007年以降から借金をしはじめたため、過払い金は発生していませんでした。

 

ですが、利息の支払いが消えただけでなく、月々の返済額がまとめられ、さらに返済も数カ月~半年程度ストップできるとのことだったので、これはもう任意整理するしかないと思いましたね。

 

実際に任意整理をしてみて一番感動したのは、利息の支払いがなくなるため、元本の返済スピードが早くなったことです。

 

支払いは、いままで通り毎月4万円の返済になりましたが、全てを元本の返済に充てることができるため、1年間で50万程減ります。

 

ボーナスや昇給などで余裕ができたら少し多め返すこともできたので、約4年かけて完済することができました。

 

管理人のコメント:私もそうだったのですが、利息の恐ろしさを知らないから安易にクレジットカードのリボ払いや消費者金融の分割払いに手を出してしまうのですよね。痛い目に合うまで気づかなかった自分が情けないです。今では、お金を借りる前にもっと利息についてしっかり勉強しておけばよかったと後悔しています。

 

 ▼任意整理をして借金をまとめた人の例

f:id:k77naru:20200104123048p:plain

  • 田代さん 29歳 会社員
  • 月給20万
  • 借金総額200万
  • 利息+元本の返済額:8万

  月々の返済額8万⇒4

 

f:id:k77naru:20200104120530p:plain

  • 山田さん 44歳 OL
  • 月給40万
  • 借金総額350万
  • 利息+元本の返済額:15万
  • 任意整理の際に過払い金発生

  月々の返済額15万⇒3

 

任意整理のデメリット

任意整理という手段は、クレジットカードや消費者金融の借金で困っている人にとってメリットになる部分が多いですが、デメリットもあることを理解しておきましょう。

 

f:id:k77naru:20191202205049j:plain

減額幅が小さい

個人再生や自己破産をする場合は、連帯保証人が必要だったり、財産を全て没収されたりなどのリスクがありますが、借金額を大幅に減らすことができます。

 

しかし、任意整理は連帯保証人なしで財産も奪われることはない代わりに借金額は大きく変わりません。借りた金額がそのまま残ります。利息がなくなるため、将来的には少ない返済額で済みますが、元本は全て自分で支払わなくてはなりません。

 

延滞できるのは2回まで

任意整理をした後は、、毎月決まった金額を自分で返済していく形になりますが、2カ月続けて延滞してしまうとカード会社から契約が破棄されてしまいます。契約破棄ということで、残りの負債額を一括で請求されることになり、支払いが終わるまでの間の遅延金も発生することになります。

 

その場合、再度任意整理を行うこともできますが、カード会社が和解に応じてくれない可能性もあり、民事再生や自己破産をしなければならないケースもあります。

 

やっぱり任意整理はメリットがたくさん

任意整理はデメリットもありますが、借金で生活が困窮している人にとってはやはりメリットになる部分が多いです。

 

f:id:k77naru:20191202205111j:plain

 

弁護士に依頼する費用も分割で後払い可能

任意整理をするためには、依頼書は借入れ先のカード会社1社につき、4万円~5万円を弁護士費用として支払わなくてはなりません。

 

しかし、多額の借金を抱えているため、弁護士費用を払えないという人は多いでしょう。

 

任意整理では、弁護士費用を後から分割払いで支払うこともできるので、今手元にお金がない人でも依頼できます。

 

利息が全てカットされる

クレジットカードや消費者金融で作った借金の返済がなぜ大変なのかというと、利息があるからといっても過言ではありません。

 

数十万円の借入れでは、それほど気にならない利息金額も100万円以上になると、毎月利息だけで数万円になってくるため、元本の返済ができなくなります。

 

元本の返済ができなければ、何年何十年と利息を取られ続けてしまうため利息がなくなる分返済スピードが格段に早くなります。

 

返済が一旦ストップされる

任意整理をすると、依頼した弁護士がカード会社と和解をするように努めてくれます。和解は直ぐにできるというわけではなく、一般的に数カ月~半年くらいはかかりますので、和解までの間返済をストップさせることができるのです。

 

また、直ぐに支払いができない場合、弁護士にいつから支払いができるようになるかを伝えることで、金銭的に余裕を持たせてから返済を開始することも可能になります。

 

月々の返済額がまとまる

任意整理をすると、月々の返済金額が一定になります。

 

たとえば、「30回払、A社月々13000円、B社月々12000円、C社月々15000円、総額120万円の返済」といったように分かりやすくなるため、計算もしやすくなります。

 

会社や身内にバレずにできる

任意整理なら保証人なしでできるため、身内にもバレずに借金をまとめることが可能です。

 

会社に勤めて働いているサラリーマンであれば、上司や周りの社員たちに借金で首が回らなくなっている状態を知られたくないでしょう。一般的な企業では、個人の信用情報を確かめることはできないので安心して任意整理を行うことができます。

 

過払い金請求も一緒にできる

任意整理をすると、過払い金があるかどうかも弁護士が調べてくれて、もしもあった場合は過払い金請求をしてくれます。

 

過払い金が発生した場合は、返還されたお金を返済に充てることができます。ただし、過払い金は金利法律が定められた2007年以前に借入れをした人でなければ、基本的に発生していない可能性が高いでしょう。

 

 
 

 

任意整理を成功させるためのポイント

今後スムーズに借金を返済していくために、任意整理を成功させるポイントを押さえておきましょう。

 

f:id:k77naru:20191202205136j:plain

 

実績豊富な弁護士事務所を選ぶ

任意整理を成立させるためには、カード会社と和解をしなければなりません。

 

任意整理ができる弁護士事務所はたくさんありますが、任意整理に力を入れていない事務所は実績が少なく、和解に弱い傾向にあります。

 

たとえば、和解に弱い弁護士に依頼した場合、自分としては60回払いにしたいが、50回払いの和解しかできなかったなど、満足いく結果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

 

任意整理を専門に扱っている実績豊富な弁護士事務所は、それだけ和解に強く信頼できるということなので、実績がしっかりあるかどうか依頼する前に確認しておきましょう。

 

実績豊富な弁護士事務所の場合は、ホームページなどにどうどうと過去の実績を掲載していることが多いので、それらを見て判断するのがポイントです。

 

生活が困窮している場合はなるべく支払いを遅らせ余裕をつくる

先ほども触れましたが、任意整理をすると一旦返済をストップさせることができ、いつから支払いを開始することが可能か弁護士に伝えることができます。

 

カード会社がどの程度待ってくれるのかは和解次第になりますが、生活に困窮しているのであれば、できるだけ支払いまでの期間を長めに伝え、余裕をつくってから返済をしていくのがポイントです。

 

忙しい人は無料出張相談を活用する

忙しくて事務所に出向けない人や、田舎に住んでいて近くに弁護士事務所がない人は、無料出張相談を活用しましょう。

 

任意整理を専門に扱っている事務所では、無料で出張相談を行っているところも多くあります。出張相談では、自宅でなくても病院やカフェなどにも出向いてくれる弁護士事務所が多い傾向です。

 

話を聞いて実際に任意整理をするのであれば、出張先で全ての手続きができるため、忙しい人は空き時間を活用して借金の悩みを解決していきましょう。

 

知名度の高いおすすめ弁護士の紹介

おすすめ弁護士事務所① 司法書士法人杉山事務所

  • 相談件数が月間3000件以上・実績豊富で安心
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額が堂々の1位
  • 出張無料相談を行っているため全国対応可
  • 成功報酬のみで着手金0円

司法書士法人杉山事務所は、相談件数が月間3000件以上と確かな実績を持っているため、初心者でも安心して依頼することができます。また、過払い金の回収金額が全国で1位ということで、金融会社が嫌がる弁護士が多く在籍しています。出張無料相談サービスも行っているので、自宅の近くに法律事務所がない人でも利用することが可能です。

 

おすすめ弁護士事務所② アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

  • CM放送中で知名度抜群
  • 1社の借り入れが140万以下の場合は郵送のみで全ての手続きが完了
  • エステの借金なども相談しやすい女性専用窓口がある
  • 任意整理の進捗状況が24時間確認できる「AVANCE NEXT」システムを無料で使える

アヴァンス法務事務所は、1社の借り入れが140万円以下の場合は、郵送のみで全ての手続きが完了するので、忙しい人でも利用しやすい環境が整っています。たとえば、300万円の借金でも、5社から60万ずつ借りている場合は、郵送のみで全ての手続きを行うことができます。女性専用窓口や進捗状況を確認できるシステムを利用できるなど、他の法律事務所にはないサービスも充実しています。

 

借金で遊べない人は任意整理をして少しでも自由なお金を作ろう!

任意整理は、手元にお金がなくても月々の利息をなくすことができたり、誰にも知られることなく1人で行うことができたりなど、さまざまなメリットがあります。

 

借金が原因で「遊べない」「人生楽しくない」という人は、手元にお金がなくてもできる任意整理で少しでも自由に使えるお金を増やしてみてはいかがでしょうか。