浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

家賃3分の1は嘘!騙されるな!

f:id:k77naru:20190824201409j:plain


僕は以前1人暮らしをしていましたが家賃代を給料の3分の1を、目安としていましが、あれウソですからね。

 

ただの商売目的で、破綻ギリギリラインで述べています。 

 

こちらのことなんてこれっぽっちも考えたていません。

 

以前3分の1の給料で実際に1り暮らしをしていた時にの経験からオワコン説を述べていこうと思う。

 

生活はしていけるが、貯金は無理

 

家賃代に、3分のいちを払ってしまうと、節約の調達人でないかぎり、貯金ができません。

 

この貯金の出来ない1りぐらしって非常に危険です。

 

たとえば初任給が20万だったとして、実際の手取り額は16万になる。

 

16万の3分の1は橙色5万3千円  

 

引くと

 

残り10万7千円になる

 

そこから、

 

男子から食費最低でも3~5万円

 

スマホ代節約して5000円

 

水道光熱費10000万円

 

洗剤なとの雑費5000円 

 

テレビあっさりらnhK2000円

 

最低限のことを抜いて残りは4万~5万程度になる。

 

この中で、会社の飲み会などで5000円を使う。

交通費3000円

衣類代10000万

通信費5000円

散髪代3000円

 

 
 

 

こういうほぼ必要であるこおことも含めると、実際に残るのは、2万円も残りません。

この中で友達と遊んだり、デートをしなければなりません。

たとえば友達の結婚しき、地元帰る、急に眼鏡が必要になった、乾燥はだで加湿器が必要になったなどほぼ毎月、急遽お金が必要になる時があるので、なんだかんだ最低でも3〜4万円くらい必要になります。

となると、毎月の給料だけでら赤字ということになりますので、

それらをボーナスで支払わなくてはなりません。

 

デートや、ともだちと遊ぶ普通に生活がてら貯は金なんてできません。

 

アクシデントや間違えた選択をするとはじょう

 

上記の計算でいくと、ボーナスがないと正直回っていきません。

会社のボーナスって会社側が余った分を社員にプレゼントするようなものなので、支払いの義務がないんですよね。

このご時世、急に業績が悪くなるとボーナスが出ない、おおはばダウンということが普通に起こりうるのでそれらが起きると、最低でんの生活以外何もできなくなってしまいます。

 

最悪クレジットカードに頼る羽目になり、返済できなくなります。

 

また、スマホを落として見つからない、パソコンが壊れた、病気やケガ、など急なアクシデントになった時に家賃代で3分の1を払っていると貯金ができないので、それらに対応するときは借金となります。

 

これは僕の例ですが、お金に関して余り知識がなかったので、ローンをくんで車を購入してしまったんですよ。

 

名古屋に住んでいたので、車なんていらなかったのですが、友達が持っていて羨かったのもありかったのですが、ボーナスの期待もあり、正直、無理です。

手取り20万以外だった僕が、家賃代に6万も払っていたので、回っていくはずがないんです。

車のローンはボーナスで払えるけど、その他の維持費が平均して毎月3円くらいになるので、こういった選択ミスをするとまともな暮らしができなくなります。

 

3ぶん1を家賃で持っていかれると、ゆとりを持って、貯金が出来ないので急なアクシデントになったら借金して対応しなければならなくなります。

 

また、毎月カツカツなので、たかだか10万円くらいの負債がいつまで返せない状態になってしまうことも。

 

 

ではどのぐらいがめあす

 

どのくらいかというと、最高でも4分の1までにしておけば、なんとかちょっとが出来て生活ができます。

 

これだも、なんとかというラインだと思うんです。

 

これはどうしようもないんですが、4分の1が限界ライん。

 

家賃代は低ければ低い方がいいのですが、記事では、正直オススメ出来ないです。

5分の1にすると、かなり限られすし、初任から考えるとあまりいいちんまいではないので。

後は個々で頑張って節約していくしかないと思います。

 

そもそも日本の賃貸は収入の割に高すぎるし、日本にいると普通に生活していくだけでも、おかねがかかる。ということを頭に入れて置かなくてはいけません。

 

3分の1が普通になっていること自体に違和感があるということ。実際に暮らしてみると、かなりキツイです。

 

単純に、賃貸に3分の1お金をかけると、他のことはやらずに我慢するということになるので損編も考慮して賢い選択をして行きましょう!

 

 

スポンサーリンク