浮世レポート

旬な情報をステキなあなたへお届けします

f:id:k77naru:20190721224819p:plain

ネットで稼ぐ手段は色々あります。サグーワークスのプラチナライター試験はそれほど難しくないですよ!

 

久しぶりのブログ更新になります。

 

なんと3カ月ぶりです…。

 

ぼくは2018年の夏ぐらいに「家にいながらパソコンを使って稼げる」という情報を嗅ぎつけて、すぐさまネット徘徊をはじめました。

 

最初は全くわけが分からない状態なので、人が発信していることは半分嘘だと思って情報収集をしましたね。

 

疑い深き人間なので。

 

スミマセンね。

 

人を直ぐに信じろなんてそんなことそんなことできないんですよ!!

 

はじめはブログから挑戦してみたのですが、覚えることは多いし、直ぐに収益に繋がるわけでもないし、ぼくのような生活に余裕がない人だとイライラしちゃいますね。

 

ブログは自給計算ではないので、忍耐と我慢が必要だ。もはや修行であることに気づきました。

 

実際にブログで数百円ほど収入が発生しましたが、それでもまだ「ほんとに稼げるの?」という気持ちはなくなりませんでした。

 

それでも、どうにかして実態を暴いてやろうともがいていたら、ライターという文章を書く仕事を発見しました。

 

一般的に無名のライターはクラウドソーシングを使ってはじめる人が多いという情報があったので、適当にサグーワークスを選んで最初は誰でもできる安い案件から挑戦しました。

 

そのうち、プラチナライターという高単価の案件に挑戦できるランクがあることを知り、ぼくの目が光ります。

 

プラチナライターになるにはテストに合格しなければなりませんが、時間制限はないため丸1日かけてやったら合格。

 

ランクが上がったことで覚えることが増えましたが、万券を自力で稼ぐまではパソコンから離れないと決めていたので、なんとか頑張りました。

 

 
 

 

それから4カ月間、空いてる時間にライティングしたら13万くらい。はじめて万券稼げた。4カ月のトータルですが。

 

1万円稼ぐことが最初の目標だったので正直に嬉しい。

 

自力で万券を手にするまではインターネットで稼げるなんて信じないようにしていましたが、その疑いも消えました。

 

インターネットを使ってお金を稼ぐことは、時間をかければ可能だと分かりました。

 

時間をかければ!

 

あと、インターネットを使って稼ぐ手段は色々あるということも分かりました。

 

ブログの長期忍耐戦に敗れても、その経験を活かせるライターで再びトライすることも可能です。

 

ブログはいつでも書けるから余裕ができたらまた戻ってくればいいかなと思っています。

 

やめないことが大切ですね。

 

ライティングで稼ぐ手段はクラウドワークスやランサーズを使う方法もあるので、挑戦していきたいです。

 

クラウドソーシングは使い方が大事かなと思っています。使い方が悪いと安い単価でこき使われてしまう可能性があるので、、

 

 

※副業で毎月数万円を目指すなら「サグーワークスのプラチナライター」という手段もありますよ。プラチナライターになるテストは決して簡単ではありませんが、極端に難しいものでもありません。個人ブログを開設した経験が数カ月程度あって、文章を書いたり読んだりするのが好きな人は割と戦えると思います。

 

特にブログ経験があれば、「SEO」や「見出し」といった専門用語、収益化の仕組みなど、初期の頃に覚える基本的な内容を理解していれば十分なので取り組みやすいと思います。テストにかかる時間は早い人だと2時間程度で終わるらしいですが、制限時間はないのでぼくみたいに丸1日かけてもOKです。暇なときがあれば挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

ではでは~。

 

▼営業不要・1文字1円以上・その他多数特典

 

 

スポンサーリンク